>>>目の下の色素沈着を消す目元クリームおすすめランキングはコチラ

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

目の下の色素沈着、いわゆる茶クマの症状にお困りですか?

どれだけケアしても全く治らないこの茶クマ。

ポイント

実は、改善するのって本当に簡単なんですよ。

それは目元クリームを塗るだけで良いのですから。

 

でも、なぜだか今までなかなか改善しませんでしたよね。

たしかに、目元クリームを塗るだけで茶クマは改善します。

 

ですが今まであなたは間違ったクリームや対策、やってはいけない習慣をやり続けていたからだったのです…。

 

クマの種類を把握しよう!

クマにも種類があります。

  • 黒クマ
  • 茶クマ
  • 青クマ

 

本記事の再確認

本記事で紹介するのは、目の下の色素沈着、つまり茶クマについてです。

目元にたるみができて黒い影がある」というのは「くろクマ(別名:かげクマ)」という症状なので、こちらに該当する方は以下の記事に移行してください。

 

関連記事

 

では茶クマの改善方法について解説していきますね。

 

目の下の色素沈着ができてしまう主な原因

毎日のメイク・洗顔

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

毎日欠かさないメイク、メイクをした後は洗顔をしますよね。

どれだけ丁寧にメイクや洗顔をしても、あなたの肌は少しずつ刺激を受け、ダメージが蓄積しています。

その刺激は、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を生成。

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

この、シミやそばかすこそ色素沈着の原因

目の下に色素が沈着することを「茶クマ」といいます。

目の下の皮膚は特に薄い(頬の約3分の1の厚さの)ため、余計に刺激を受けやすいです。

 

そのため特に色素が沈着しやすく、目の下にだけ特別に「茶クマ」と色素沈着の名前がつくほど、多くの人が目の下の色素沈着に悩まされているのです。

 

昨今は涙袋メイクなど目元に大きな負担をかけるメイクが流行っています。

これにより茶クマに悩まされている女性が年々多くなってきているのです。

 

 

UV

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

紫外線を受けるとメラニン色素が生成され、シミやそばかすができてしまうと言うのは有名な話。

紫外線が皮膚を通り抜け、肌の奥に刺激を与えてメラニンの生成させているからです。

特にUV対策もせずに外出している方は、目元にも紫外線を受けています。
これにより、目元に色素が沈着してしまうのです。

 

アトピー

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

アトピー肌の方はメラニンの生成量が多い体質。

メラニンはなぜ生成される?

さきほど毎日のメイクの刺激でメラニン色素が生成されると言いました。

メラニン色素というと色素沈着してしまうという悪いイメージが先行してしまいますが、実はメラニンの生成は防御反応によるもの。

洗顔でいえば、ゴシゴシこする刺激から守るためにメラニンの生成しています。

アトピー肌はもともと刺激に弱いので、特にメラニンを生成しやすい体質なのです。

 

ですからアトピーの方はメラニンが必要以上に生成されてしまい、色素沈着を起こしやすくなっています。
アトピーの方の目の下が、常にクマっぽくなっているのはこれが原因。

 

さらにメラニンの過剰生成だけではなく、アトピー肌が常にかゆみが伴います。

起きている間は我慢できても、寝ている間はかきむしってしまうこともよくありますよね。

 

かきむしると刺激を与えてしまい、その刺激からメラニンが生成。

刺激に弱いアトピー肌ですので、余計にメラニンが生成され、アトピー体質ではない人と比べ色素が沈着しやすいのです。

 

ニキビ肌

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

ニキビがよくできるできないのは体質によりますが、ニキビのあとが残る残らないというのは、それは肌の生まれ変わりサイクルが乱れているからということに左右されます。

ポイント

肌の生まれ変わりサイクルのことをターンオーバーといいます。

ニキビ跡がなかなか治らない方は、なかなか新しい肌が生まれてこないので、ずっとニキビ跡が残っているのです。

 

さらにニキビが発生すると老化物質が出現。
この老化物質により色素沈着してしまうこともあります。

 

もちろんニキビが痒くて掻いてしまうという方もメラニン色素を生成してしまい、色素沈着の原因になりますよ。

ただ、目の下にニキビが出ることは少ないですが。

 

目元の乾燥

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

目元が乾燥している状態は、肌のバリア機能を果たすセラミドが少なく非常にダメージを受けやすい状態

ダメージを受けやすい状態(バリア機能が働いていない状態)は、少しの刺激でも、それは大きな刺激へと変わってしまいます。

「目元乾燥と毎日のアイメイク」、このような複合パターンで、よりひどい茶クマへと発展してしまいます。

 

 

目の下の色素沈着が改善しないダメな方法

この項目のポイント
クマにも種類があり

  • 血行不良の青クマ
  • 目元のたるみの黒クマ
  • 筋肉が透ける赤クマ
  • 色素が沈着する茶クマ

自分の目のクマの種類を把握し、改善する対策を変えていかなければなりません。

マッサージをする

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

目の下の色素沈着は皮膚そのものに色がついていため、マッサージをしても茶クマが改善する事はありません

マッサージをする事によって得られる効果は血行の改善。
血行の改善で治るのは青クマです。

それどころか茶クマの場合は、刺激によるメラニン色素が原因ですので、マッサージの刺激によりさらに茶クマをひどくさせてしまうかもしれません。

あなたはマッサージをして茶クマを直そうとしませんでしたか?

エクササイズも意味がない!

顔の筋肉のエクササイズによって改善するのは目元のたるみが原因の黒クマです。

茶クマには効果がありません。

 

洗顔でくすみを取る

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

目元の色素沈着の色が気になり、くすみオフの洗顔フォームを使って直そうとしても意味がありません。

  • くすみは古い角質
  • 茶クマはもう少し深くの皮膚についた色

ですので、洗顔で茶クマを改善する事はできません。

ですがくすみを取り除くというのは、茶クマを改善していく上での大事な工程

 

レーザー治療

レーザー治療は確かに目の下の色素沈着を改善することができます。

ただし、治療失敗や、完治するまでに6か月程度かかってしまうなど様々なデメリットもあります。

茶クマの原因は本当にシンプル。

後述していく茶クマの方法なら自宅で簡単に改善することができます。

 

フェイスクリームでのケア

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

フェイスクリームは、美容効果を得られるクリーム。

ですが、茶クマをピンポイントで改善する成分が含まれていない場合が多いため、なかなか茶クマが改善する事ありません。

さらに、目元は非常にデリケートな部分

皮膚の厚さで言えば頬の約3分の1のなので、少しの刺激でも大きな刺激へと変わってしまいます。

例えば、通常のフェイスクリームは頬の皮の厚さにも浸透できるよう、強力にクリームが作られています。

ところが、目元の薄い皮膚はその強い刺激に耐えることができないのです。

良かれと思っていたクリームは目元に刺激を与えてしまい、今よりもっとメラニン色素を生み出す原因となり、茶クマをひどくさせてしまっていたのです。

 

 

目元クリームなら茶クマを改善できる

ビタミンC誘導体が配合

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

茶クマを治すにはこのビタミンC誘導体が欠かせません。

目元クリームならデリケートな皮膚へ刺激を与えず、ビタミンC誘導体の効果で茶クマを効果的に改善する事ができます。

 

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCは肌の生まれ変わりサイクルを正してくれる重要な成分

ですが、ビタミンCは粒子が大きく、なかなか肌に浸透することができません。

そこで皮膚の奥まで浸透しやすく改良したのがビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の効果より、肌の生まれ変わりサイクルが正常化し、色素がついている皮膚をきれいな皮膚に交換することができるのです。

 

ですから茶クマを改善するにはこのビタミンC誘導体が欠かせないのです。

 

今まであなたが使用していたクリームにビタミンC誘導体が配合されていましたか?

今までのケアでは治らなかったのは、目元専用のクリームではなかったことと、ビタミンC誘導体が配合されていなかったということが1番の原因です。

 

古い皮膚により浸透ができなかった

古い皮膚は硬くて血色が悪く、いわゆる「くすみ」という状態です。

ターンオーバーが乱れていると、この古い皮膚は残り続けます。

さらにこの古い皮膚は、柔軟さに欠けるので成分の浸透を妨げ、美容成分が浸透する上では非常に邪魔な存在。

ですが、さきほど説明した目元クリームによるビタミン C 誘導体で、ターンオーバーの正常化を図ることにより、この血色が悪い古い皮膚を新しいものと交換する事ができます。

どんどんと新しい皮膚が生まれ変わってくることにより、目元の奥深くにある色素沈着してしまった皮膚も新しくなり、茶クマをグングン改善していくことができるのです。

ですから目元専用に作られた目元クリームは非常に重要で、このクリームがないと茶クマは改善していかないのです。

 

ここまでのまとめ

  • 刺激の蓄積で色素沈着がひどくなっていた
  • 色素沈着の改善方法を間違えていた
  • 今までのフェイスクリームでは目元には刺激が強すぎた
  • ビタミンC誘導体が配合されていないので皮膚の生まれ変わりサイクルが正常化されていなかった

では具体的にどのような方法で茶クマを改善していけばよいのでしょうか。

 

 

目の下の色素沈着を改善する手順

1.刺激を意識する

毎日のメイクは極力、刺激を与えないようにしましょう。

もしくは今よりもメイクを薄くする方法も効果的です。

外出する際はUVカットできるコスメを使うと良いですね。

 

 

2.目元クリームを塗る

あなたがやるべきことは効果的な目元クリームを塗るだけ

もう少し詳しく言えば、ビタミンC誘導体が配合されているものが好ましいです。

具体的な行動するのは「ここだけ」なので茶クマを改善するのは非常に簡単。

 

 

3.肌の生まれ変わりサイクルが正常化

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

毎日コツコツ目元クリームを塗っていけば、色素が沈着していた目元の皮膚がドンドン上に押し出され「垢(アカ)」となり剥がれ落ち、最終的に綺麗な肌へと生まれ変わります。

ポイント

これはビタミンC誘導体が配合されている目元専用に作られたクリームだからこそできるターンオーバーの改善です。

 

ではどの目元クリームを使えば一番効果的に茶クマを改善する事ができるのでしょうか。

 

 

アイキララなら効能評価済み

目元の色素沈着を改善するにはアイキララがおすすめ。

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

アイキララがおすすめな理由はここにあります

  • ビタミンC誘導体配合
  • 医学的に注目され医学誌掲載実績あり
  • 第三者機関に公平な効能評価済み
  • 全額返金保証付き

アイキララは目元専用に作られているクリーム

その人気は46秒に1本売れるほどで、知名度も高く購入者も効果を実感しています。

さらにその効果を裏付けるように、医学誌掲載の実績があり、公平な審査機関による効能評価を取得しています。

その上、全額返金保証もあって、購入する際も安心して買うことができます。

 

これだけの条件がそろっているアイキララ。

管理人も愛用しています。

tyakumakaizen6 目の下の色素沈着(茶クマ)を改善!方法は簡単。この目元クリームを塗るだけ

 

管理人も茶クマに悩んでいた時にこのアイキララに出会い、茶クマを改善する事ができました。

医学誌掲載の実績は伊達ではありません。

全額返金保証があるのであなたも一度試してみてくださいね。

ストレスフリーでお気軽に購入する事が、茶クマ改善への近道です!

 

 

コチラも読んでおこう!

もっと茶クマを改善するクリームが見たいという方は、以下の記事で茶クマに効く効果抜群で人気の目元クリームを紹介しています。

次のページ>>>目の下の色素沈着を消す目元クリームおすすめランキング!もう治らないなんて言わせない